Powered by Six Apart

お仕事ギャラリー Feed

2016年11月 1日 (火)

外装修繕工事の現場から

今年お世話になった外装工事現場のご紹介です。

新たなご縁を頂き、車庫の解体工事や外壁の塗装修繕工事などをお世話になりました。

 

始めに着工前と完成の写真を紹介致します。

新しく塗装された外壁の色合いをとても気に入って頂き、「盛岡の町屋と比較しても負けないような良い出来です」と、とても嬉しい感謝の言葉を頂くこともできました。

・着工前

Pict3818_3

 

・完成

Pict4707

 

・着工前

Pict3806

 

・完成

Pict4709

 

工事の流れになります。

まず始めに、大工さんが車庫を丁寧に人力で解体をして、敷き砂利を行いました。

Pict4299

 

開口になった壁は、色合いを考えたトタンを貼ることで対応しています。

敷き砂利も小さめの砕石を使って、丁寧に施工させて頂きました。

Pict4338

 

塗装前に現況を確認して、必要に応じて外壁や押縁の補修をさせて頂きました。

Pict4336

 

補修完了後に、外壁を高圧洗浄して乾燥をさせます。 

高圧洗浄をしたことによって、元々の綺麗な木目が目立つようになりました。

Pict4537

 

ローリングタワータイプの足場を使って、塗装業者さんに塗装(二度塗り)をして頂き完成です。

Pict4649

 

私達にとって、工事を終えて「とても満足をしています」という感謝の言葉を頂けることが何よりも嬉しいことです。

これからも、常にそうした言葉をお客様から頂けるように努力を重ねていきます。

とても良いご縁を頂き、本当にありがとうございました。

2016年10月17日 (月)

小学校暗渠整備工事の紹介です

先日完成をした、小学校暗渠整備工事の現場からです。

大雨が降るとグランドから水が集まってきて、そのまま道路沿いに下側に雨水が流れていってしまう問題があって、市役所から相談をされました。

  

下の写真になりますが、土手の上に小学校のグランドがあって雨水が集まり流れてきます。

このように開放的な状況なので、側溝グレーチング箇所に水が集まる訳ではなく、側溝で上手く雨水を受け止められる状況にはありませんでした。

・着工前

Img_8574

 

予算をあまり掛けずにという方針で、少量の雨水であれば砕石を浸透して暗渠から側溝に排水され、大水の際も土砂を極力伴わずに、側溝に水が誘導される為の設計を考えました。

コストを掛けないために、近くのグレーチング蓋の位置を交換することで、2mの範囲で水を受けられるようにしています。

Img_9097

 

緑色に見えるのは植生土のうといって、草が生えてくる土のうになります。

土のうは永久的なものでは無いので、将来的にも草が生えてくることで土が雨水で削られないように工夫しています。

Img_9098

 

今回は新しいタイプの暗渠(ミツバ・ドレン:集束暗渠管)を使用しており、水が集まりやすく強度面や集水効果が高いという特性があります。

オレンジ色のマットは、吸出し防止材で水が流れた時に土が暗渠に入ってこないようにしています。

Img_9086

 

単粒砕石20mmで暗渠の埋め戻しを行い、水が浸透し易くしています。

植生土のうは、人力で並べて法線を決めていきます。

Img_9093

  

暗渠の流末は側溝に接続しており、暗渠周囲はモルタルで補修をしています。

Img_9095

 

これから冬に向かっていくので、最終的な完成形は草が生えてくるのは来年の春にはってしまいます。

大雨の際に現地を確認をしながら、しっかりと効果を検証していきたいと考えています。

2016年10月15日 (土)

外構工事の現場から

先日完成をした、外構工事の現場を紹介させて頂きます。

本工事は、今までにも様々な工事をお世話になっているお客様からのご依頼です。

 

要望の一つ目は、大雨が降った際に、屋根からの雨水が排水管で飲みきれず溜まってしまうような場合に、オーバーフローして上手く流れていくようにして欲しいというものです。

また、雨に流されて法面がどうしても崩れてしまうため、その対策もお願いをされました。

・着工前

Img_1198

 

下が完成写真になりますが、様々な工夫をさせて頂きました。

法面勾配も緩くすると共に、防草シートを法面に貼ることで法面が雨で崩されないように保護をしています。

また、排水勾配をつけるために高低差が大きくなるため、納まりを良くするために階段を新設しています。

・完成

Img_1597

 

また、犬走りコンクリートも古くなって壊れてきているので、それも新しくして欲しいというご要望です。

・着工前

Img_1206

 

写真のように、階段部まで犬走りを伸ばしています。

スロープのように右側には斜路も残していて、法面すりつけ部は同じく防草シートで保護をしています。

・完成

Img_1601

 

反対側の着工前写真になります。

犬走りコンクリートの勾配が悪く、工事前は雨水が建物側に集まってしまっていました。

・着工前

Img_1200_2

 

排水勾配をつけているので、建物側に水が流れていく心配も無くなりました。

このように犬走りのコンクリートも綺麗に仕上がっていますし、砕石敷均しについても、粒度調整砕石の25mmという良い路盤材料を使用して丁寧に施工をさせて頂きました。

・完成

Img_1599

 

簡単に施工状況の写真を載せさせて頂きます。

弊社の小さいバックホウも入れて作業を行いました。作業効率を考えて、可能な限り機械で仕事を進めていきます。

・施工状況

Img_5706

 

階段工は現場打コンクリートで製作したのですが、弊社の若手社員が頑張って型枠を組んでくれました。

階段は難しいと言われているのですが、今までの様々な経験が本当に活きていますね。

・施工状況

Img_5710

 

弊社をご信頼頂き、このように同じお客様から様々な工事をお願いされることは、私達にとって本当に大きな財産です。

今回のご縁にも、心より感謝申し上げます。

----------

  

本年度も、皆様のお陰様で数多くの仕事をさせて頂いております。

これからどんどん厳しい冬の季節になっていくため、今ご相談を頂いている工事は、雪が降る前までの施工が既に難しくなっておりました。

そうした状況もあって、更には良い仕事をするためにも、暖かくなった春に工事をさせて頂くようにとお願いをしております。

緊急対応や公共工事、更には除雪業務などは冬でも行っていきますが、地域の皆様からのお仕事は、雪が降る前までの完成を目指し、今も日曜日休日だけで頑張っております。

 

早く工事をご希望されているお客様には、本当に申し訳なく心苦しく想っておりますが、どうかご理解の程を宜しくお願い致します。

2016年10月10日 (月)

岩泉純木家具復興へ③

続いて、2棟目からの木材搬出を紹介させて頂きます。

・2棟目の状況

4

 

コンクリートの床面にもかなりなのひび割れが発生していて、1棟目よりも更に厳しい状態になっています。

 

施工方針として、まずは落ちかかっている側の基礎を少しでも安定させるようにします。

下からサポートで基礎部分を支えてはいますが、肝心なコンクリート土間は部分的に落ちてしまっていますし、落ちかかっている範囲も含めれば半分近い状況です。

Img_8977

 

また、基礎全体にワイヤーを回して一体化することで、安定している側で少しでも崩落側の建物を支えるような工夫しています。

Img_5797

 

更に、重機が下に降りられるように斜路も作りました。

河川管理者の岩手県に許可を得たのですが、敷地内であれば問題が無いということでこうした作業を進めることも出来ました。

倉庫があのような状態になっていることからしても、かなりな範囲で護岸や盛土が流出していることが分かります。

Img_8980

 

重機を下に降ろしたことで、下での作業が可能になります。

少しでも安全にということで、重機で基礎を支える工夫も行いました。

Img_8982

 

こうした補助はしながらも、作業方針としては「建物に衝撃を与えないように、人力で木材を搬出する」ことが基本となります。

1棟目と同じように、崩落側で安全に作業できる範囲の木材を順に取り出していきました。

木材がかなりの重量なので、安定して取り出せるように滑車を現地に設置して、横に引っ張り出す工夫をしています。

Img_8979

 

狭い建物内でも作業をし易いようにということで、古いスケートボードを加工して、大工さんが台車を作成してくれました。

携わった社員の皆さんそれぞれに、どうすれば安全に効率よく作業が出来るのか、しっかりと考えてくれています。

ただ朝スケートボードで会社に登場した時には、皆からは

「犬にも吠えられて、朝から一体何やってんの(笑)」 

って感じだったのですが、とても役立つ工夫を考えてくれていました。

Img_8967

 

こうして建物内からの木材搬出は、かなり手間取りながらも無事に進んでいきました。

Img_8985

 

建物の解体も、側面の壁撤去などは人力で進めていきます。

木材はまだ中に残っているので、もし可能であれば少しでも板を無傷で取り出したいという想いがありました。

Img_8992

 

10月4日の作業3日目には、相当数の木材を無事に取り出すことが出来ました。

Img_9002

Img_9003

 

可能な範囲の木材を取り出し、後は安全に解体作業を進めるために、建物は下に一度落とさせて頂きました。

あのような状況で作業スペースが殆ど無いために、やむを得ない処置になります。

 

落としてしまえば安全なので、後はクレーン仕様のバックホウとユニックとで協力をして、分別・収集を行いながら手際よく下から廃材を上げていきます。

Img_9010_2

 

この時点で当初予定の3日目の作業になっていて、解体した建物を片付け終えるためにはもう半日は必要でした。

工藤専務さんは、「忙しいところ、ここまでしてくれて本当にありがとうございます。後はこちらでなんとかします。」とおっしゃって頂きました。

ただ私達にしても、このまま中途半端に仕事を終える気持ちにはどうしてもなれません。

 

部長とも相談をしたのですが、

「専務さんは、私達が忙しいだろうかと気を遣って、後はこちられでと話をしてくれています。ただ、それはいつになるか分かりません。後一日作業をして、区切りが良いところまで仕事を終えて引き上げたい」

この仕事に携わった皆が同じ想いでした。

 

工藤専務さんも、私達の申し出を本当に喜んでくれていました。

「この廃材が流されいって、下流側で二次災害につながったら申し訳ない」と、実際は心配をされていたそうです。

 

そして、いよいよ4日目の最終日の作業になりました。

廃材をまとめながら、片付けを進めていきます。

Img_9023

 

お陰様で作業も順調に進み、廃材の片付けも無事に修了しました。

Img_9031

 

廃材を運搬処理するには更に時間が掛かるために、分別をして敷地内に仮置きをしています。

Img_9035

 

「後は私達で大丈夫です。1棟目は全ての木材を搬出し、2棟目からも多くの木材を救い出してくれました。下に落ちた木材も、建物の中だったので殆ど無傷でした。こんなに危険な作業を、無地事でやって頂きました。忙しいところ、本当にありがとうございました。」

と、心からの感謝の言葉を頂くことが出来ました。

 

同級生からの1通のメッセージで始まりましたが、こうやって岩泉純木家具さんのお役に立つことが出来て本当に良かったです。

このような難しい作業を安全にやり遂げることが出来て、私達にしても誇れる仕事をすることができました。

お客様からも、心からの感謝の言葉を幾度となく頂戴し、携わった社員全員にとって大きなやり甲斐にもつながったと想います。

建設業に従事している私達だからこそと、特にも若い社員の皆には、今回の仕事を自負して欲しいものです

  

岩泉純木家具様の復興が進み、笑顔で仕事を再開できる日を私達も心待ちにしております。

そして、多くの皆様のお陰様とご縁に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

◎無事に4日間の工事は終了し、工藤専務さんがブログで弊社の活動を紹介してくれています。

素晴らしい家具を作っている、岩泉純木家具さんのホームページもご覧下さい。

会社理念にも、感動を覚えました。

岩泉純木家具 復興情報ブログ:http://www.junbokukagu.co.jp/category/blog

岩泉純木家具ホームページ:http://www.junbokukagu.co.jp/

2016年10月 8日 (土)

岩泉純木家具復興へ②

引き続き、1棟目からの木材搬出作業を紹介させて頂きます。

 

私が最初に現場確認をした情報に加えて、工務部長と熟練のオペレーターが実際に現場を確認しながら、作業の方向性を考えてくれました。

「今の不安定な状況が増す前に、少しでも早く作業を開始するべき。」

29日(木)に現場を確認し、機械手配や資材準備で1日を使って、10月1日(土)から作業を開始することを決定しました。

 

とにかく想定される資材(単管や支保工,ワイヤー関係)を事前に準備し、バックホウと解体用のハサミは花巻のリース業者から9月30日に運搬をして頂きました。

弊社でいつも使っているリース業者さんにも協力を頂いて、近くの久慈や盛岡には在庫が無かったものの、急遽で用意可能だった花巻から重機を運搬することができました。

  

 「中の木材がかなり大きく、人手が多くあった方が良い」という部長の判断を受けて、7名の社員で班編制をすることにしました。

部長やオペレーターに加えて、若手の多技能工や解体を想定しての大工さんなどでメンバーを編成しました。

 

最初に建物の安全を少しでも確保するために、基礎下に支保工を設置しました。

「リスクを減らす処置をしながら、基本は衝撃を与えずに材料搬出や解体を進めていく」

そうした基本方針の下で、中から木材を引っ張りだすための方策として、小屋の脇に単管でヤードも構築しました。これで、材料を傷つけずに横側に引っ張り出すことができます。

1

 

一見すると不安定に見えるハウスですが、床はコンクリート土間になっていて、半分強の範囲が地山に乗っていて、部分的には安定していることが分かっています。

更に陸地側の材料が重しとして建物の安定に寄与していると判断をして、川側の木材から慎重に取り出していきました。

「川側の材料を残して陸側の材料を取っていくと、川側の方が重くなってバランスが崩れ、重みで川側に建物が転びやすくなってしまう」 そうした判断に基づいています。

 

次に、少しでも安全に材料を取り出すために、小屋の壁や柱を取り外しました。

大工さんを中心としながらですが、普段から解体工事もやっている経験が活きています。

2

 

開口部が出来てしまうと、より安全に作業が出来るようになりました。

純木家具さんのフォークリフトにも活躍して頂きました。

3

 

人手やフォークリフトを使って、丁寧に取り出していきます。

建物自体は軽く風も無い状態だったので、手前側の柱も無くして、長物を外に引き出せるように工夫しています。建物は、両側の柱で持っています。

4

 

写真ではその大きさが伝わり辛いかもしれませんが、樹齢250年くらいで、今では手に入らないような木材だと教えて頂きました。

本当に貴重な材料が保管されていたんですね。

5

 

10月1日(土)の1日目に、プレハブ内部の木材は全て無傷で搬出することができました。

1棟目では、中に残っていた全ての木材を無事に救い出すことが出来たので、お客様には心からの感謝を頂くことができました。

 

引き続き3日(月)の作業2日目に、建物本体や基礎を取り壊していました。

7

 

ここまでくると機械作業なので安全です。

建物の土間は最後まで下に落ちることが無く安定していたので、常に安全に作業を進めることが出来ました。

1棟目は、ヤードも広く作業しやすかったこともあって、基礎も含めて安全に撤去することが出来ています。

10_2

 

岩泉町役場に勤めている同級生に許可を取ってもらって、指定の場所に災害がれきとして運搬することも出来ました。

「さすが同級生!」 迅速な対応をしてもらって、本当に助かりました。

9

 

こうした作業の時に、常に岩泉純木家具の工藤専務さんが立ち会ってくれていました。

お陰様でいろいろな相談もし易かったですし、作業する人たちのことを心から心配して見守って頂きました。

本当にありがとうございます!

11

 

この3日(月)からは、1棟目の解体と並行して、より危険性が高い2棟目からの材料搬出が始まりました。

また、次回に続いていきます。

 

◎無事に4日間の工事は終了し、工藤専務さんがブログで弊社の活動を紹介してくれています。

素晴らしい家具を作っている、岩泉純木家具さんのホームページもご覧下さい。

会社理念にも、感動を覚えました。

岩泉純木家具 復興情報ブログ:http://www.junbokukagu.co.jp/category/blog

岩泉純木家具ホームページ:http://www.junbokukagu.co.jp/

2016年10月 6日 (木)

岩泉純木家具復興へ①

それは、1つのメッセージから始まりました。

 

台風10号被害を心配して、岩泉町役場に勤めている大学同期に連絡をとっていたのですが、それから約3週間後の9月21日にメッセージと4枚の写真が送られてきました。

「力を貸してほしい。詳細は電話で伝えたいので都合の良い時間を教えて欲しい」

その時の写真が、この4枚です。

1

 

2

 

3

 

4

 

正直、写真に衝撃を受けながらも私の方から同級生の今村君に電話をしました。

 

その時の電話を要約すると、

「地元で岩泉純木家具という、もの凄く俺がお世話になってきた会社がある。

工場も倉庫も被災をしてしまって、大変な状況にある。

お父さんの想いが詰まった材料を保管してある倉庫が2棟流されてしまって、職人さん等で手分けをして回収もした。

送った写真のような状況でまだ材料が残されている倉庫があるが、この中の材料を取り出すことが、なんとか出来ないだろうか。

ただ、危険な状況なので無理なときは無理で構わない。

社長は忙しいだろうから、会社の誰かでも良いからとにかく一度見に来てくれないか」

こうした内容でした。

 

写真で大変な状況は類推することが出来ても、詳細には現場を見ないと分かりません。

同級生とも久しぶりに会えるし岩泉の被災状況も気になっていたので、まずは自分の目で見てみようと24日(土)に現場に行くことにしました。

  

花巻の石鳥谷から岩泉の二升石ですと、2時間ちょっとの道程になります。

途中までは何ら普段と変わらない風景だったのですが、早坂高原にある長いトンネルを抜けると景色が一変しました。

岩泉町の地形も影響しているのですが、小本川や沢などが溢れ、護岸や道路が削られ、沢からは土砂や木材が押し流されて来ており、建物が崩れ橋ごと流されている惨状も目にしました。

仮設で通れるように道路の応急復旧もされておりましたが、被災した皆さんの事や地元建設業者さんのご苦労を考え、胸が締め付けられるような想いで現場に向かいました。

 

現場に到着し、今村君と純木家具の工藤専務さんと一緒に状況を確認させて頂きました。

大変な状況にも関わらず、笑顔で私を迎えてくれました。

「忙しいなか、遠くから来てくれて本当にありがとう」

 

実際に見たプレハブは、写真で見るよりも大きく感じ、川までは10m近い高低差があります。

5

 

また、床が一部抜けってしまっている倉庫は、道路が近く前後の作業スペースも広くはありませんでした。

6

 

専務さんとの会話で、こうしたやり取りがありました。

「今ではもう手に入らないような、目の細かい一枚物の材料が入っている。

父親が集めて今まで大切に保存してきたものだから、今回の災害でガッカリしてしまっている父の為にも、出来ることであればその材料を取り出したい。

このような危険な状況なので、自分達にはできない。 ただ決して無理にとは言いませんし、もし安全に作業をする方法があるのであれば、なんとかお願いをしたい。」

 

短期的な仕事であれば、岩泉の皆さんの力になれるかもしれない。 という想いが元々あったので、なんとか力になりたいという気持ちが強かったです。

ただ、安全に作業をすることが前提条件になってきます。

 

そこで確認をしたのは、

・建物に可能な安全対策をとって、必要に応じて建物を壊して材料を取り出すこと

・床が抜けている箇所もあるので、取り出せない木材や、作業の過程で下に落ちてしまう木材も、更にはキズをつけてしまう場合もあり得ること

・道路からの重機作業が出来ないので、床が抜けている建物からは一部しか材料を救出できないであろうこと

・作業スペースの関係で一部瓦礫を処分する必要性が生じるかもしれないが、岩泉町役場さんのご協力を得られるのかということ

 

出来る範囲のことを想定しながらリスクを考えて相談したのですが、

「1枚でも2枚でも木材を取り出すことができれば、それで十分です。建物は、どうしてもらっても構いません。」

また、岩泉町役場に勤めている同級生のお陰様で、様々なサポートも快諾してくれました。

 

私の方からは、

・来週早々に社内会議を行い、作業の方向性を再検討すること。 

・弊社の工務部長と信頼できるオペレーターに、現場を確認してもらい、その上で最終的な判断をすることを確約して、現地確認を終えました。

 

同級生に、被災した純木家具さんの工場や、野球場も案内してもらいました。

Dsc_0007

様々な被災状況を目の当たりにして、どうしたらこの工事を安全に進めることができるか。

「とにかく力になりたい」 そうした想いを強くして、岩泉を後にしました。

 

翌週、弊社の工事担当者に現地を確認してもらった上で、早期に工事着手をすることを決定しました。

時間が経つにつれて、状況が悪くなることがあっても、良くなることは無いとの判断で、弊社で対応できる可能な限りの最短日程<10月1日(土)の工事開始>を組むことにしました。

それから。

同級生からのご縁だということと、お会いした専務さんの人柄にも、頑張ろうと決心した理由があります。

本当に大変な状況なのに、専務さんは笑顔で私を迎えてくれて、とにかく前向きに頑張ろうとしている姿勢にも心を惹かれました。

工事の最初から最後まで、確かに中の材料も大切ですが、それ以上に私達の安全を常に心配して、気を配って頂いた専務さんです。優しさの中に芯の強さを持っている印象でした。

もちろん、同級生も地域のために頑張っています。

と、長くなってしまったので、次に続きます。

 

◎無事に4日間の工事は終了し、工藤専務さんがブログで弊社の活動を紹介してくれています。

素晴らしい家具を作っている、岩泉純木家具さんのホームページもご覧下さい。

会社理念にも、感動を覚えました。

岩泉純木家具 復興情報ブログ:http://www.junbokukagu.co.jp/category/blog

岩泉純木家具ホームページ:http://www.junbokukagu.co.jp/

2016年9月17日 (土)

防草シートの施工

様々なご縁のお陰様で、弊社として始めての防草シートの施工をさせて頂きました。

法面の勾配がきつく、草刈り等の維持管理が年々大変になってくる中で、こうした防草処理を実施することになったものです。

 

様々なメーカーや仕様があるのですが、耐用年数が10年~15年と明記があり、貫通抵抗力も高く、更にはお隣の紫波町に材料のストックセンターもあるということで、「ザバーン防草シート 350G」を使用しました。

 

・着工前

Img_8815 

・完成

Img_8867 

 

・着工前

Img_8818 

・完成

Img_8870

 

作業手順として、最初に草刈りをしてから法面整形を行います。

・草刈り

Img_5161 

法面整形を行うことで、根も取り除けるのは取り除くようにすると共に、シートの接地面を平らに仕上げることができます。

・法面整形

Img_5172

 

 

続いて、ガードレール支柱部分の防草処理を行いました。

シートを細長く切って支柱の周囲に巻いて、専用のテープで留めています。更に、支柱部分をくり貫いてシートも設置しています。

・支柱部分処理

Img_8839

Img_8838

  

支柱処理の後に、2mもののシートを縦方向に布設していきました。

通常箇所はU型の鉄筋(200mm)と楕円形のワッシャーでシートを抑えていきますが、端部のシートを重ねている最上部については、太い鉄筋タイプでしっかりと固定するようにしています。

・使用部材

Img_5207

 

アンカーピンは、急傾斜地仕様の500mm間隔で施工させて頂きました。

・防草シート施工状況 

Img_5196

 

シートの重ねシロは100mmで、重なる部分には専用のボンドを使用しました。

ガードレールの支柱付近を処理したシートにもボンドを付けて接着するようにしています。

・接着状況

Img_5194

 

水路との取り合いについても、ボンド接着に加えて、専用のテープで抑えるようにしています。シートに降った雨水は、そのまま水路に流れていくようにしています。

 

・護岸端部処理(ボンド接着)

Img_5189_2

・護岸端部処理(専用テープ接着)

Img_5188

 

地域の皆さんで施工をしている箇所もあったので、施工方法や現在の状況を検証しながら、基本的な施工方法に加えて、自分たちなりにも工夫をしながら作業を進めました。

法面整形から始まって、上下の端部処理や各接合部処理(ガードレールやシート重ね部)、更にはピンの打設間隔などが施工のポイントとなっています。

 

検査も無事に終わり、仕上がりも綺麗で、流石プロの仕事と感謝をして頂き本当に良かったです。

お世話になった皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

2016年8月 2日 (火)

下水道の竣工検査を終えて

昨日、無事に下水道工事の完成検査を終えることが出来ました。

 

同じ下水道工事といっても現場によって土質や作業環境などに違いがあり、二つと同じ現場はありません。

地域の皆様のご協力も頂きながら、更には今までの経験を活かしながら工事を進めさせて頂きました。

5月中旬からの本格工事開始だったので、春先の日が長いときに工事を進めることもできて、本当に順調に工事を進めることができました。

様々な皆さまのお陰様で、私達もスムーズに工事を進めていくことができます。

本当にありがとうございました。

 

岩手も北国ですから、こうした春先の気候が良いときの工事が増えれば、工事も順調に進んで良いのですが、年度(4月~3月)単位の予算システムなので仕方がない面もあります。

ただ、舗装の維持工事などでは2年単位の予算措置も始まっているようなので、そうした仕組みが拡充されて、それぞれの地域状況に応じて柔軟に工事を進めることが出来れば良いですね。

 

ここからは、工事の状況を紹介させて頂きます。

 

・着工前

Img_4021

 

・完成

Img_5025

 

・下水道管の布設作業は自社施工で、全て自分達で施工をしています。

Img_4312

 

・新技術登録の配管サポートシステムを使うようになってから、配管精度や作業性が向上してきました。

Img_4885

 

・作業時以外の安全管理にも配慮させて頂きました。これは、舗装復旧までに生じる段差の注意喚起をしている保安施設の写真になります。

Img_4980

 

・可能な限りの対応ということで、砂で段差処理もしていますし、夜は連動してライトが点滅するようになっています。

Img_4981

 

公共工事だからと自分たち中心で物事を考えるのではなく、そこで生活をしている人達や通行をする皆さんへもしっかりと配慮しながら、

皆さんにお世話になっているお陰様の気持ちで、しっかりと様々な事に気配りをしながら仕事を進めていくべきだと考えています。

 

公共工事であれば発注者や地域の皆さんから、民間工事であればお客様から感謝され信頼されるように、これからも努力を重ねていきます。

2016年6月 1日 (水)

下水道工事の現場から

矢沢地区で工事を行っている下水道工事の現場からです。

 

5月中旬から、本格的に工事を開始させて頂きました。

土質があまり良くない現場なため、土質試験結果を受けての工事着手になります。

 

交通量が多くないため仕事を進め易い現場ではありますが、NTTの架空線で低いものがあったために、旗で明示をして安全確保に努めています。

Img_4007

 

最初にマンホールをセットして、そこを起点として下水道の配管工事を進めていきます。

路盤工や埋戻しの区分が分かり易いように、マンホールに明示をして施工管理をしています。

Img_4121

  

地中にあるので目にすることは無いのですが、こうした下水道管(リブ管)を布設していきます。

自然流下といって、下水道管の勾配(この区間であれば0.3%)で下水が流れていくので、mm単位の精度で配管をしていく必要があります。

下の写真は、管路センターのズレを確認しているものですが、高さや方向を常に確認しながら配管を進めていきます。

Rimg0043_2

 

ある程度、管路工事が進んだ都度になりますが、地域の皆さんが通行しやすいように、自分たちで仮舗装工事もしていきます。

最終的に舗装は全面復旧になるのですが、全ての配管工事が終了し、更には発注者の管路検査を終えてからの工事着手になります。

Img_4223

 

安全管理をしっかりと行って、毎日の作業が終了になります。

Img_4234_2

 

こうして地域の皆様のお世話になって、安全に工事を進めていくことが出来ております。

引き続きのご協力の程を、どうぞ宜しくお願い致します。

2016年5月19日 (木)

側溝修繕工事の現場から

先日完成をした、側溝修繕工事の現場になります。

既設側溝がかなり傷んできていたため、側溝を新しく入れ替える工事になります。

 

着工前と完成の写真になりますが、道路形状に応じて側溝も曲げて布設をしています。

・着工前

Img_5402

・完成

Img_8303

 

2mものの側溝を、少しずつ曲げて曲線形状にしています。

側溝設置高さや舗装復旧範囲については、既設道路に合わせて計画をしています。

 

・着工前

Img_5400

・完成

Img_8302

 

・舗装切断状況

舗装にマーキングをして、舗装切断をしていきます。

今回の側溝はカーブしているので、舗装切断も側溝に応じて曲線に切断をしました。

Img_5403_2

 

・掘削状況

既設側溝を取り外した後に、高さ調整のために掘削を行います。

Img_5407

 

・側溝布設状況

専用の吊り具を利用して、側溝を布設していきます。

Img_5419

 

・路盤転圧状況

砕石を使用して埋戻しを行っていきますが、市道の基準に応じた路盤構成にしています。

Img_5422

  

・舗装復旧

舗装復旧も、最小範囲になるように曲線形状に仕上げています。

Rimg0063

今回の工事は、道路幅が狭いために車両通行止めをしながらの工事となりましたが、地域の皆様のご協力を得て、スムーズに工事を進めることができました。

多くの皆様のお世話になり、無事に工事を完成することができました。

本当にありがとうございました。